インディバとは

インディバは、スペインの物理医学博士ホセ・カルベット氏(インディバ社創設者の一人)により開発されました。ホセ・カルベット博士は高周波を研究されガン治療のための医療機器として、インディバが生まれたのです。カルベット博士はインディバの他にも電気メスや血液凝固器を発明され、過去にノーベル賞の受賞候補となり、世界的にも著名な人物です。
インディバは当初、ガンに対する治療機器として開発され、「深部加温」の力を利用し温熱治療やハイパーサーミアと呼ばれる医療に使われていました。
ガン細胞は熱に弱く、体温が42度位まで上がるとたいていのガン細胞は死滅すると言われています。そのため、医療現場では身体を温める、冷えを無くすということはガンの予防や治療において、非常に有効だと考えられています。
インディバは患部を狙って直接、身体の内部から温めることを可能とする機器で、一度温まった身体は冷えにくくなるという特徴が有ります。このインディバの特性が、医療現場から、美と健康を重要視する人々のために転用されるようになりました。

インディバの効果〜深部加熱〜

インディバによる深部加温

インディバは身体の内側に高周波エネルギーを流し、温度を物理的に体内に発生させ細胞同士の摩擦を起こし「ジュール熱」を起こす事により体の内部から効率的に温め「深部加温」ができる高周波温熱機器です。
インディバにより身体の深部に直接働きかけ、細胞や臓器の機能を高め血液循環やリンパの流れを急速に改善し、酸素や栄養素の供給や老廃物の排除、免疫力の向上、活性酸素の除去等の効果がみられ基礎代謝を上げる事が出来ます。基礎代謝が上がる事により身体全体の体質改善になり、冷えによるトラブルや肩こりの解消・疲労回復・更年期改善などの効果がみられます。
そしてインディバでは、身体の奥深くからじっくり温めていくことで内蔵脂肪や皮下脂肪も燃焼しやすくなり太りにくい体質を作り、リバウンドしにくいボディを作り上げていきます。


インディバ施術後も3時間〜4時間の間は身体がポカポカと温かさが持続します。特に冷え性の方は手足がポカポカして継続して施術を行う事により寝付きが良くなります。
身体にとって欠かせない「体温」、つまり一定の体温を保つことは重要なことであり、代謝による温熱の発生や温熱保持ができる体質改善は、健康維持の基礎として年齢に関係なく必要となります。



身体の冷えとむくみからセルライトへ

人間が健康であるための免疫力は体温を36℃以上を保っている事で、正常に働くと考えられており、体温が下がると免疫力が大きく低下してしまい、病気にかかりやすくなります。それに伴い冷えなども、血管の収縮と拡張の調節がうまくできなく血管の流れが悪くなり、老廃物がたまりやすくなり疲れや肩こり等の原因にもなります。さらに冷えは、脂肪燃焼ができず、基礎代謝を低下させ血行の悪いところや脂肪の多い部位にセルライトができやすい特徴があります。セルライトが増加すると脂肪層が厚くなり、血行不良によるむくみの原因にもなります。冷え性やむくみやすい人は、体温を上げ基礎代謝を上げることが大切です。
特に人間の身体は体温を1℃上げると血行が良くなり免疫細胞が3倍に活性化されます。細胞が活性化されると基礎代謝の消費エネルギー量がアップして、摂取したエネルギーを身体にためずに常にスムーズに消費できると言うことで、痩身効果も得られるのです。



予防美容

パナベーラでは、「身体の内側から若くなる」をコンセプトにしたサロンです。美容のお悩みを根源から改善するには、インディバの施術により基礎代謝を上げ体内の機能を活性化させると様々な効果が期待できます。
常に身体の一番良い状態を持続できることでトラブルが起きるのを予防し、自然治癒力・抵抗力の向上を兼ね心身ともに健康で美しくQOL(クオリティオブライフ・生活の質)を高める、という考えが予防美容です。 身体の内側から美しくなるために、是非インディバをご利用下さい。


主な美容効果

・足の疲れ・むくみの緩和
・シェイプアップ(小顔やひきしめ)
・リフティング(フェイス・ボディ・バスト)
・セルライト(軟質・硬質)
・しみ・しわ・くすみ・たるみの解消
・過剰な皮下脂肪・内臓脂肪の自然燃焼の促進
・メタボリックの改善
・首・肩こり・腰痛の解消
・老化予防(Anti-Aging)
・予防美容(Preventive Beauty)
・更年期障害の緩和